自費出版について考えること

団塊の世代と呼ばれる人たちが、一般社会からの離脱は始まってかなりの時間が立ちました。そのような人たちが、時間に余裕が出来たことから始めたのが、自費出版と呼ばれるものになります。自伝風のものがあれば、小説を書かれる人もあり、旅行記なども多く書かれるようになっています。いろいろな題材を持って書かれるのですが、この自費出版にはかなりのお金も要るのでした。出版の方法によって価格はマチマチですが、少なくても数十万円から数百万円の個人出費になるのでしょう。このような自費での出版を後押ししてくれる出版社も多くなりました。しかしこれらの会社を簡単には、選ばないようにしましょう。少なくとも数社からの話しを聞くようにして、自分が納得出来ないのであれば諦めるくらいの気持ちで折衝すると良いでしょう。せっかく書いた本が台無しになってしまっては、元も子もありません。

自費出版に関しての状況

自費出版に関しての状況では、特に売れると感じている自分の文章を出版する事はやはり、コストもかなりかかる状況であり、出版業者のバックアップ無しに全て自分の費用負担の基で本を作る事となると、そこでのコストはかなり大きなものとなっていきます。こう言った自費出版を行う事では、やはりそれなりに文章力のある過多でなければ、いけない事も多く、もちろん売れる本として公算があれば、それだけ売れた部分で手出ししたお金も返ってくる事となります。こうして自費出版を行っていく状況からもやはり色々とコストの面などを考慮しながら売れ行きも気になる所であり、そう言った所を踏まえてリスクもある行動とはなりますが、一度売れてくると、やはり自分自身での判断は間違いではなく、そう言った所で自己判断となる事が多いのですが、考えとしてはリスクをしっかりと考えて行動をする事が必要です。

自費出版では大きさはどのようにするか

世の中において本や冊子、雑誌などがたくさんあります。そしてそれぞれには大きさがあります。小さいタイプとなると文庫本などがあります。コンパクトなので持ち歩きやすくなります。一方で報道関係の写真などの本であれば大きな写真が見られる方がいいですから本のサイズが大きくなることがあります。持ちやすいほうがいいのか、中身の見やすさがいいのかなどによってサイズが決まります。自費出版では自分で本を制作することになりますがどのような大きさにするかがあります。一般的にはB5サイズぐらいになることが多いのかもしれません。日本においてはポピュラーなサイズになります。それよりも少しコンパクトにすることもありますし、字を大きくするのであればサイズも大きくすることがあります。文字が多いならそれなりに手に馴染みやすい大きさにしたほうがいいのでしょう。

近年では様々な印刷製本が開発されていますが、そのターゲット層として考えられているのは若年層といわれています。 特殊加工もできますので、お問合わせください。 自費出版、冊子印刷など、お見積り致しますので、お気軽にお問合わせください。 当社では、コストを抑えてスピーディーな納品を行うことができる体制が整っている他、自費出版に関する様々なアドバイスも行っています。 自費出版のご相談ならニシダ印刷製本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)